なんといっても事前の地盤調査はとても大事

家を建てる際の土台の大事さ

なぜ地盤調査が大事かというと、いったん家を建ててしまうともう土地を取り替えることはできません。
そして土地も決して値段の安いものではありません、都市部などは非常に高額です。
もしその土地が地盤の弱いものだったり、建築に適さない土壌だった場合、家が傾いたり、陥没してしまってりしては泣くにも泣けません。
また弱い地盤は災害にも弱く、せっかくしっかりした住宅であっても土地が弱くてはすぐに災害の被害を受けてしまいます。
家を建てる際に土台がいかに大切かということは何をおいても考えて優先していかなくてはなりません。そのために地盤調査を事前に必ず実施し、信用の置ける土地かどうか確認を行ってから土地に関しては購入するようにしましょう。

事前にしっかり地盤の調査を行う

そうして事前にしっかり地盤調査を行って、安心のできる土地を購入して初めてマイホーム作りがスタートします。
特に日本は地震大国と呼ばれるだけあって、地盤プレートが複雑に構成されており、詳細に調べないとどこの土地が磐石な土地なのかまったく分からないといっても良い状態です。
このような状態の土地に事前に地盤調査を行わずに住宅を建てるということは自殺行為といって良いでしょう。
それだけわが国の土地にとっては地盤調査はもっとも重要なことなのです。
ここまで新築住宅を建てるときにアドバイスしてくれる不動産屋はまずまれでしょうから、我々個人がしっかり発言をして地盤調査を実施する必要があるのです。
皆さん、しっかり事前調査を行って、失敗の無いマイホーム作りをしていきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ